« ものごとを考えるためには | トップページ | 研究計画書② »

研究計画書

入試のときに出したやつは、何だか薄っぺらい理論先行だった。

今度出し直すやつは、自分が関わっている現実のことを素直に書こう。

もちろん、その現実をどんなフレームで切りだすのかが難しいのだが、いずれにせよ、生の現実じゃなきゃあ深みも出せないし、取り組みがいも続かんだろう。そして、その前提にある目的観とか志というものも見つめ直してみたい。

「それが社会人MBAの流儀なんじゃないの?」なんて言ってみようかと思っている。

|

« ものごとを考えるためには | トップページ | 研究計画書② »

MBA(修士論文)」カテゴリの記事

コメント

アサヤン、研究計画書については私も同感です。
今回は悩みに悩み、練りに練った計画書を書きたいと思います。

投稿: リコヤン | 2009年6月16日 (火) 19時45分

リコヤンとは何だか気があいますね。
芸風はちょっと違いますが、目指している方向は感じあう部分があるのかなと思います。お互いに、競い合っていきましょう。

テーマプロジェクトとか、一緒にやらない?
もしかすると、一緒のチームにはならないほうがいいかもしれないけど。

投稿: 管理者 | 2009年6月16日 (火) 23時44分

確かに芸風は全く違いますね。歌は被っていますが(笑)
テーマプロジェクトは、文字通り「テーマ次第」としましょう。同じテーマに共感した場合は、ガッツリ一緒にやりましょう!

投稿: リコヤン | 2009年6月16日 (火) 23時57分

愛しあう二人・・・口出しできませんね。
そっと見守ります。

投稿: つじ | 2009年6月17日 (水) 00時00分

つじさん、君も混ぜてあげますよ。

投稿: リコヤン | 2009年6月17日 (水) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534499/45352964

この記事へのトラックバック一覧です: 研究計画書:

« ものごとを考えるためには | トップページ | 研究計画書② »