« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

明日はキックオフ

あした、ついにゼミがはじまる。
テーマプロジェクト研究も、GSECもあしたがキックオフ。

またこれから新たな気持ちでスタートしよう。

今の感覚としては毎週のように大学院の授業があるのが日常になってるんだけど、日常になっちゃあいかんのだよね。
大学院自体があと1年しかない、特別なプロジェクト。
初心にかえって、貪欲に立ち向かえ。

恩師からはいつも「あさかわよ、もっとスゴミを出せ」と言われるんだが、僕には足りないものがまだまだ一杯あるんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第2ラウンドのスタート

きのうゼミ配属が決まり、あすケースプロジェクトの発表会。

僕としては、「第1ラウンドの終わり」と位置づけることにしたい。そうすることで、気持ちを切り替える。

[第1ラウンド総括]

  • 4月からの授業で、学ぶことの楽しさを知る。
  • 今までHR系の学問しか知らなかったので、今までと違った視点で物事を見ようとしはじめる。 (→それがゆえに、自分の足場がどこにあるのかがよく分からなくなったんだけど、ここが悩みどころかな)
  • RST講座 (=MBAの課外授業?)のイベントを通して、MBAの仲間と知り合えた幸福を味わう。
  • しかし、チーム演習 ケースプロジェクト、財務・ファイナンスチーム)にはイマイチ貢献できず、自分のふがいなさに落ち込む。(→ここはしっかりと内省せんといかんなあ。)
  • 仕事との両立は中途半端な状態 (→メリハリををつけないといかん。少なくとも仕事のやり方を見直せないとMBA生とは言えないかも。)

[第2ラウンドの課題]

  • チーム演習 (経営戦略チーム、テーマプロジェクト)にどう関わるか。そのために今月は、第1ラウンドのことをしっかり総括して反省。。。
  • 課外授業といっては失礼だが、GSECにも興味あり。
  • 仕事との両立が中途半端になっているという悪い流れを切りたい。僕の気持としては、仕事のなかで割り切るところは割り切って、自分が「いま、ここで」やるべきことににフォーカスしていけるようなスタイルに切り替えたい。
  • そして、いよいよ修論に向けてのゼミだ。最近、研究テーマについて考えることがちょっとお留守になっていたが、いよいよこれから取り組むときが来た。

        ↓

[研究に向けての問い]

  • 問題意識の深化と研究テーマの明確化
  • 「それで何を明らかにしたいのか?」
  • 「それが持つ意味は?」

(※これは今日、友人の院生とのメールのやりとりで投げかけられた問い。シンプルな問いだが、ここで一所懸命悩むかどうかが肝心なところ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »