« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

59点=60点-1点

前期の成績が出た。

単位や学位をとるために大学院に来ている訳じゃないけど、やっぱり気になるもんです。成績って、つまりは評価ですからね。

●優=General Management,  Business Economics

●良=Innovation Management,  Finance

●可=Accounting

●不可=Statistics (ちなみに、点数を問合せたところ59点。60点に1点足りず)

不遜なことを言えば、僕というひとは、“時間があれば” 良い成績をおさめる自信を持っていたような気がする。でも、MBAプログラムは毎週が締切りのようなカリキュラムで、“時間がない”。だから、自分の「弱み」がもろに表出してしまっている。MBAで学ぶことは僕にとって、「自己否定」をしているプロセスでもある。たとえば、

●数字に弱い

●締切が守れない

●朝に弱い (成績のよくないAccountingとStatisticsはいずれもAMの授業)

というところである。

こういうところは、今までも自分の欠点だと気づきつつも、これまでは何となく放置していたような気がする。この機会に、同級生のふるまいを見ながら、そういうところを直していくことができればと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイプ分け

MBAコーチングの授業で、「タイプ分け」をやった。

ひとのタイプを大きく、コントローラー/プロモーター/サポーター/アナライザーと分けたとき、私はアナライザーなのだが、どうやらMBAのクラスはコントローラーとプロモーターが多いようである。

ちなみに、こういう「タイプ分け」の診断はいくつかあるが、私の好きなのはエニアグラム。これは9タイプに分けるが、私はタイプ5(知識や考えることが好きなタイプ)である。

なお、上記の4タイプとほぼ同じ結果が得られる診断に、「パーソナルアクションスタイル」というものがある。これがいいのは無料で診断できることだ。インターネットにもその診断を紹介しているサイトがある。

http://namonakit.web.fc2.com/pastyle/check.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »