« Howの疑問形とWhy,Whatの疑問形 | トップページ | フィールド調査 »

知識

きょうはケースプロジェクト研究の一環で、ある会社の経営者にお目にかかり、その会社のブランド戦略について、濃密なレクチャーをいただいた。

その話は圧倒的なものだったので、いろんな感想が書けそうなのだが、ひとつ言えることは、当たり前かもしれないけど、『こういう話はそのひとに直接お目にかかったからこそ、聞けた話だ』ということ。

以前から漠然と思っていることだが、実は「知識」というものは「秘められたもの」なのだと思う。唐突な言い方だけど。

有益な「知識」というものは、それを語る「ひと」から分離することはできない。だから、有益な知識というものは簡単には世の中には流通しない。

これはたぶん当たり前のことなので、どう上手く説明したらいいのか分からないのだが、僕はときとしてその当たり前のことを忘れているように思う。

|

« Howの疑問形とWhy,Whatの疑問形 | トップページ | フィールド調査 »

MBA生活」カテゴリの記事

コメント

深いイイ話ですね。。。
まったくその通りだと思います。

同じ話をしても話す人によって
迫力、説得力が違うのも
そういうところが関係してると思う。。。

投稿: ほっとせい | 2009年12月10日 (木) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534499/46975103

この記事へのトラックバック一覧です: 知識:

« Howの疑問形とWhy,Whatの疑問形 | トップページ | フィールド調査 »