« ポジティブパワー | トップページ | 論文題目、決定。 »

ブログ部連動企画【10年後】

今月のブログ部のテーマは【10年後】。

でも、その前に【10年前】を振り返ってみよう。。。

当時、私は28歳。
これから30代を迎えるにあたって、「不安」が一杯だった。
こんな会社に居て、こんな仕事をしていて将来は大丈夫なのか、とか思っていた。(*ただ、根本は自分の可能性に対する「不安」だったんだけど。)
このときの不安はある程度「時」が流れると、いつしか忘れていった。
「時」が解決したとも言える。

僕は後に、この当時のことをエッセー風の文章にまとめたんだが、このとき、お酒の席で出版社の編集者から言われたのは「文章がうまい」ということと、「あなたは10年後、もう一度、文章が書けますよ」ということだった。なぜか、鮮明に覚えている。
実は鮮明に覚えているのは、その後のやりとりがあったからなのだが、その編集者の褒め言葉に私は、「じゃあ、私はこれからもっと成長しないといけませんね」と答えたところ、編集者のコメントは、「いや、あなたは、(成長するどころか)落ちぶれたしても文章が書けますよ」とおっしゃったことが妙に印象に残っている。私自身は、なんでそんな風な言い方をされたのか、いまだに分からずにいるんだけど。

・・・そして、その10年後の【現在】。
僕はいま、どういうところに辿りついているんだろうか?

自分の足跡を振り返りながら考えてみると、この10年間で、いろんなことは経験したし、自分なりに色々とチャレンジしてきた。会社を見渡しても、いつの間にか後輩が増えてきて、自分の「立ち位置」というようなものは随分変わってきたような気がする。

でも、「立ち位置」は変わっても、自分自身の有り様は何も変わって居ない気がしてならない。もっとあからさまにいうと、、向き合うべき問題(=変革課題)には手を付けずに、先送りにしてきたのかもしれない、と思う。見て見ぬふりをして。
このままだと、【10年後】の自分の姿も、今までの歩みをそのまま先に延長したところに描けそうだ。・・・というか、そういうイメージしか描けない。
(ただし、可能性としては、延長線上の姿よりもかなり「落ちぶれて」しまうこともありえるけど。)

そうした私の中からいま、湧いてくる気持ちは、「不安」ではなく「不満」かな。
「なんで俺ってこんなんだろうか?」とか思う。
「もうちょっと、なんか、ブレークスルーできないのか?」って思う。
・・・結局それって、自分のなかに原因を求めるしかないんだろうけど、自分の中の問題を把握するのってなかなか難しい。自分の目は、自分自身を見るようにはできていない。

ただ、恥ずかしいことを承知のうえで、いま私が思っていることを敢えて言うと、僕はいまだに「ひとり立ち」できていないんだと思う。
自分で自分のことに責任がもてる大人にはまだなれていなんじゃないかと思う。根本的なところで。
だから、自分の悪いところを直せないし、将来への明確なビジョンを描くこともしていない。

今後1~2年、僕はそうした自分自身への「不満」と少し付き合えるようになりたい。
そうしたら、あの編集者が言ってくれたように、またエッセーが書けるようになるかもしれない。

そして、いつか訪れるであろう【10年後】---。僕はどうなっているだろうか。
どんな仕事ができるようになっているだろうか。

【10年後】というタイトルなのに、結局、10年後の内容はまったく書けなかった。・・・いや、ひとつだけ希望を書いておこう。・・・少なくとも人生においては、(僕にはまだ自分の伴侶はいないけど)家族との生活や子育てに一喜一憂している日々でありたいな。

|

« ポジティブパワー | トップページ | 論文題目、決定。 »

ブログ部連動企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534499/49563263

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ部連動企画【10年後】:

« ポジティブパワー | トップページ | 論文題目、決定。 »