« 問題の焦点 | トップページ | ポジティブパワー »

研究進捗状況

ゼミの先生に相談するのはこれからだが、とりあえず、テーマは決めた。簡単に言えば、人事スタッフの評価に関わるテーマである。人事スタッフの役割を理論から導き出したうえで現実の社内評価の実態を調査し、そのギャップを分析したい。

ちょうど一週間前、この半年間考えていたテーマはばっさりと捨てることにしたのだが、その後、方向転換して考えた案がこれ。

実は、案を練るのにかけた時間はたったの一日間。ちなみに、このときの腹案はもうひとつあった(*企業間の横並び現象の背後にある企業内の意思決定について)のだが、その後、いろんな方々にアドバイスをもとめて一つに絞った。これらすべてに要した時間はたったの一週間なのだが、結局、テーマを決めるときというのはこんなものなのだろうか。

話は飛ぶが、女性となかなかお付き合いができないという問題も実はあっさりと越えれるようなものだったりして。だとすれば、H先生の言うように、私がかかえる問題にはすべて「補完性」があるということになるのだが、そんなに見抜かれているのだとしたらそれも何だかなぁという感じもする。。。それとも、僕って分かりやすい男なのかな。

|

« 問題の焦点 | トップページ | ポジティブパワー »

MBA(修士論文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534499/49499566

この記事へのトラックバック一覧です: 研究進捗状況:

« 問題の焦点 | トップページ | ポジティブパワー »