« 論文 OR 読み物? | トップページ | 着地点が見えない。。。 »

ブログ部連動企画 「奇跡」

きょうは月に一度の「ブログ部の日」。きょうのお題は、「奇跡」。

・・・・・・・・・・

「奇跡」って、なんだろう?
あらためて調べてみたら、もともとは宗教的な言葉なんですね。
神などの力が起こす超常現象みたいなもので、それが転じて、常識では考えられないような出来事を指すことにもなったようだ。

世の中には「奇跡」を見ることのできるひとも見ることができないひともいるのかもしれない。ぼくにはちょっと手が届かない世界かもしれないが。

次に、「奇跡」と似た言葉は何かと考えてみる。
子供のころは「あんな風になりたい」とか、「こんなことができるようになりたい」とか考えていたものだが、もしもそれが本当に実現していたら「奇跡」的である。だから、「夢」と「奇跡」はどこかでつながっているのかもしれない。
ただ、大人になるということは、そういう「奇跡」的な夢の成就のしかたはないということを知っていくことでもある。
でも、だからといって、現実に流されるだけになるのは情けない。現実をふまえつつも、一所懸命に努力していれば、何か「福音」のような事柄が訪れないとも限らない。そう思いたい。

「セレンディピティ」という言葉がある。

一般には「幸福な偶然」のような意味だと思われがちで、実は私もそう思っていたのだが、今回調べてみたら微妙に意味が違うことが分かった。
ウィキペディアによると、セレンディピティとは、幸福な偶然という「現象」そのものを指すのではなく、それをつかみ取る「能力」を指しているのだという。具体的には、「何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける才能」であったり、「ふとした偶然をきっかけにしてひらめきをえて、幸運を掴み取る能力」ということである。

セレンディピティの事例は、ノーベル賞の田中氏が失敗から科学的発見を行ったようなケースが代表的であり、ビジネス界ではポストイットの発明などもそうなのだという。
こういうと、また自分の手の届く範囲からは遠い出来事のようにも思える。しかし、もっと身近で日常的な事例も考えられそうだし、人と人との出会いから生まれるもののなかにもセレンディピティの存在はありそうだ。
自分自身の例で考えるとご都合的な解釈のストーリーになりそうなんだけど、やはり、幸福な偶然を見れるか見れないかは自分自身の在り方次第のようだ。

|

« 論文 OR 読み物? | トップページ | 着地点が見えない。。。 »

ブログ部連動企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534499/50969131

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ部連動企画 「奇跡」:

« 論文 OR 読み物? | トップページ | 着地点が見えない。。。 »