« ブログ部連動企画 「奇跡」 | トップページ | 【ブログ部連動企画】 最近の出来事から感じたこと、考えたこと »

着地点が見えない。。。

私は今年の1月、必死で論文を書いた。それは、それまでに何もできていなかったことの裏返しでもあるんだけど、提出期限に間に合わせるためには もう四の五の言ってられなかった。たぶん、今までの人生のなかであそこまで集中して頭脳がハイテンションの状態になったことはなかったと思う。そして、丁度そうしたタイミングで色んなひとが陰に日向にサポートしてくれた。その結果、なんとか論文提出にこぎつけることができた。

あるひとが「論文を仕上げるのは、最後は『気合い』だよ」ってアドバイスしてくれていたのだが、まさしくそうだったのだと思っている。その意味で、この経験は、私にとっていままでに得たことのない貴重なものとなった。それは間違いない。

ただ、日が経つにつれて、自分の頑張りがいかに「追いつめられた末」の「付け焼刃」的なものであったのかということに気づきはじめていた。それは、半ば無意識的なものだったのかもしれないが、最近ひさしぶりに師匠に会って、その事実に向き合わざるを得なくなった。

師匠はふたつのことを言った。ひとつは、「論文の途中までは良かったんだけどね。。。」ということ。もうひとつは、「そこで考えていたらしいことを実際には全く実践できていないよね」ということである。

。。。僕が論文のなかで取り組もうとしたことは、まだ中途半端な状態のままで自分の中で燻りつづけている可能性がある。でも、この1か月ほどはそのことを放置してきた。また、現時点では、その課題をどのように拾い上げて、明確化したらいいのかが分からない。

・・・・・

。。。いま、ぼくは自分のなかの気持ちを棚卸ししようとしてこの文章を書いているが、どうにも結論が出そうにない。

リアルな世界に目を向ければ、ぼくはこの3月に晴れて大学院を修了するし、4月には会社で(同期よりも2~3年遅れで)ようやく(資格上の)管理職に昇進するので、良い意味での転機にあるはずである。でも、一向に気持ちは晴れない。

「次に何を目標とすべきか」という前に、「何が課題として残っているのか」ということもありそうな気がして、僕の気持はこの両者のどちらにも行けずに宙ぶらりんになっている。

会社ではこれまで以上に後輩の面倒を見るつもりだけど、自分自身の面倒が見れないようじゃね。。。

|

« ブログ部連動企画 「奇跡」 | トップページ | 【ブログ部連動企画】 最近の出来事から感じたこと、考えたこと »

MBA(修士論文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534499/51175546

この記事へのトラックバック一覧です: 着地点が見えない。。。:

« ブログ部連動企画 「奇跡」 | トップページ | 【ブログ部連動企画】 最近の出来事から感じたこと、考えたこと »