« 渋温泉街 | トップページ | 【ブログ部連動企画】 失敗から学ぶ(その1) »

【ブログ部連動企画】キャリア・アンカー

キャリア・アンカーは、10年以上の職業経験を通して形成されていくものだという。私の場合は働きはじめて15年なので、どんなキャリア・アンカーになっているかというのは、これまでどんな職務をどのようにこなしてきたのかということの反映だと言えるだろう。

そうした私のキャリア・アンカーは、圧倒的に「1. 専門・職能タイプ」である。
このタイプの特徴は、「自分の才能を発揮し、専門家として活躍することで満足感を覚える」 「自分の得意分野でさらに高い能力を身につけていくことに喜びを感じる」 「仕事の内容そのものに関心がある」ことだという。

要は、職人気質に近いものがあるそうだ。
だから、異動があったりして職務がかわると、このタイプの人は弱い。

だからかもしれないが、1年ほど前に営業職を外れて内勤事務の仕事にかわったとき、私は自分のアイデンティティの基盤がぐらりと揺らいだように感じた。
また、実は、いまも迷いだらけである。

***********

ちなみに、ある先生の説明によれば、キャリアデザインとは「過去の歩みを回顧しつつ、将来を展望する」ことなのだそうだが、私にはまだ自分の将来展望というものが見えてきていない。

年齢的にももうすぐ40歳になる私はミドルの節目にさしかかる時期でもあり、これからのキャリアをどう考えるかは、個人的に大きな宿題となっている。

この答えは、もはや他人から与えられるものではないだろう。
キャリアの初期であれば、会社から与えられる課題をこなすことが大事であったかもしれないが、これからは自分で問いを立てて、自分で答えを出さなくちゃいけないと思う。
また、「自分で問いを立てる」ということが、MBAのなかで(とりわけ論文作成のプロセスのなかで)で学んだ基本姿勢のひとつだと思う。

**********

なお、私がMBAに行って驚いたことのひとつは、わたしには弱い要素(ゼネラルマネジメントだったり、起業家的な創造性であったり、純粋な挑戦ということだったり) が強い方が
いっぱいおられたということである。

もちろん、MBAに挑戦するひとたちなのだから、そういった要素の強い方々が集まられているということには何ら不思議ではないのだが、私自身は今までそういうひとたちに沢山出会ってきたわけではなかったので、MBAはとても刺激的な環境だったと言える。

その一方、そうしたMBAという環境に居ることができたという経験は、今のところまったく仕事には活かせていない。

やはり、MBAは卒業してからが勝負なのだと思う。
これからの自分のキャリアをどう展望していくのか、しっかり考えてみたいと思う。

〔追記〕
 まとまりがないのですが、アップするのが遅れているため、このままで記事をあげちゃいます。

|

« 渋温泉街 | トップページ | 【ブログ部連動企画】 失敗から学ぶ(その1) »

ブログ部連動企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534499/51774016

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部連動企画】キャリア・アンカー:

« 渋温泉街 | トップページ | 【ブログ部連動企画】 失敗から学ぶ(その1) »