« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

【ブログ部連動企画】セルフマネジメント

今回はmumuyauさんのお題で、「セルフマネジメント ~目標を達成するために自らをどう操縦するか~ 」です。

でも。。。

結論からいうと、わたし自身は 己をぜんぜん操縦できません。セルフマネジメントはとっても苦手です。朝起きも弱いし、お酒を控えることもできない。

目標を立てても実行できないことがコワくて、結果として、目標を立てること自体に臆病になったりします。ブログにしても、「マイペースで書いていけばいいんだ」なんて思っているもんだから、結局は惰性になって、ぜんぜん更新しないような状態になっちゃっています。

こういう私のビョーキに効くような処方箋はないものか???

  ===============================================================

実は、こんな私がちょっと心を動かされたツイートがありました。

「人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。」(大前研一)

http://twitter.com/#!/ohmaebot/status/11492180151

そして、同じことをもう少し噛み砕いて説明してくれているブログがありました。

「人が変わるときは次の3つの場合でしかない。それらは心情的なものではなくて、すべからく物理的な対処である。
1つは、今までやっていたことをしない、若しくは今までやっていなかったことをする時である。つまり時間の使い方をこれまでと違うものにするということだ。
2つは、自分の居場所を変える時である。実際に住む(働く)ところを変えるのも宜しいし、まったく違う役割や、これまでにやったこともない使命を担うのもそれに相当しよう。
3つは、これまでの人を断つ時、もしくは新しい人と関係を持つ時だ。つまり、周囲の人との関係を入れ替えるということだ。
これら3つの場合がリアリティと云うもので、あとはその行動が伴っているかをチェックすればよいだけのこと。」

http://projectlearning.blog38.fc2.com/blog-entry-518.html

  ===============================================================

結局、いま自分で出来ることで何かをリアルに変えることが必要なんだろうと思う。

言葉を換えれば、「いま、ここ(now and here)」の精神で変化を起こすということがリアリティのある対処法なのだろう。

その意味でいえば、わたし自身も過去の経験では、「居場所を変える」「付き合う人を変える」というワザを使ってきたような気がする。

会社の中での居場所に不満があった28〜29歳のころ、私は社外の場所や社外の人脈に飛び込んでいったのだが、そのことを通して新しいことをたくさん吸収することができたように思う。

31歳で営業になって新たな人脈をつくっていったときも、その「新たな役割」や「付き合う人」からいろんなものを頂いたし、37歳でMBAに入ってからの2年間では「もう一度 学びなおす」という貴重な機会を得ることができた。

ただし、「時間の使い方を変える」というのは、まだ意識的にやったことがないような気がするので、ここはまだまだ工夫の余地がありそうだ。今回のお題の「セルフマネジメント」にも一番通じるポイントかもしれない。

ちなみに、つい先日40歳になった僕は、いま、新たな「居場所」を探索したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »