« 【ブログ部企画】 最初の一歩 | トップページ | 健康 »

【ブログ部企画】 チーム

唐突ですが、「チーム」ってものに考えるとき、不可欠な概念のひとつは「役割」ではないかと私は考えている。

リーダーの役割が資源配分の調整や意思決定なのであれば、業務の専門性に精通しているのはリーダーではなくメンバーのほうであっても構わない。

たとえば、ある課長さんが、「私は課長としての役割を担っているだけであって、えらいわけではない」とおっしゃるような人は、けっこうチームというものが分かっているのではないかと、勝手に判断している。

もちろん、役職者の方々で、まじめに自分の「職責」について考えているひとも多いと思うのだが、それだけでは、その職場は単純な上下関係に陥りやすいと思う。「自分は課長としての職責を担っているのだから・・・」とばかり考えていると、部下やメンバーとの間での協力関係とか役割の分担というところには意識が向かないような気がする。

それはそれで、安定していていいかもしれないけど、なんか面白くない。

********************

ちょっと話を変えたい。

「チーム」に不可欠な要素って何かと考えると、やっぱり「目的」かなと思う。

だから、目的を共有できていれば、顧客など社外のひとともチームを組めると思うのだが、そういう場合はだいたい「プロジェクトチーム」という形をとっているように思われる。ゴールも、期限も、期待成果も明確で、モチベーションもあげやすい。

一方、職場というものに目を転じてみると、ひとつの部署の中には種々雑多な業務がまじっていて、それらの計画を1月とか1年とかいう画一的な単位でまわしているような気がする。だから、「この職場の目的が何か」というものは非常に定義しづらい。

もしも、職場に「チーム」という考えを持ち込もうとするのであれば、計画や業務のなかに「プロジェクト」という要素を意識的に作っていくとよいのではないだろうか。

なんとなく、そんなことを考えました。

|

« 【ブログ部企画】 最初の一歩 | トップページ | 健康 »

ブログ部連動企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534499/55053389

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部企画】 チーム:

« 【ブログ部企画】 最初の一歩 | トップページ | 健康 »