« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

【ブログ部連動企画】 ビジネスシーンのおしゃれ

本日のテーマは「ビジネスシーンのおしゃれ」。
自分が苦手なことなので、皆さんから学びたい。

さて、われながらオシャレってなんだろう?と思う。
基本的には「外見」=「ほかの人から見られること」に関わることだろうと思い、次の3つに分解してみた。
①おしゃれな身だしなみ ②おしゃれな立ち居振る舞い ③おしゃれなトーク

そして、①のことを考えるために、おととい本を1冊買った―――「お洒落以前の身だしなみの常識」(美容ジャーナリスト加藤智一著)。
読みはじめると、「いま、男に必要なのは清潔感があること」なんて書かれていて、ぼくとしても「なるほどなあ」と思う。ただ、さらに読みすすめると、「きれいな肌と髪があってこその お洒落感」みたいな話になっていき、洗顔料とか化粧水とか保湿クリームとかいう話が延々と。。。「あかん!全然わからん」と、早々に本を投げ出した。
「こういうことは女性に教えてもらうといいかも。けど、ぼくには嫁さんも彼女もおれへん。。。」と、うなだれる結果に。

そんなとき、日経BPで、「かっこいいと言われたい男のための身だしなみ講座」という広告記事を見つけた。読んでみると、①②③の全部が入っている。というか、それらすべての元となる内面のあり方を語っている。
たとえば、男性スピーカーは「かっこいい男は、自分に対しても他人に対しても責任を取れる人」と語り、女性スピーカーは「かっこいい男は、相手の気持ちを汲み取ることができて、デリカシーのある人」というセリフを言う。
ただ、正直な感想を言うと、「結局は内面を磨けっていうんなら、ありきたりの話だ。僕としては、どうしたらそうなれるのか教えてほしいんだけど」と思う。

そう考えていると、「MBAの仲間にかっこいい奴が多かったのはなぜだろう?」って思いはじめた。そもそもこのテーマにしたのは、どうしたらそうなれるのかを教えて欲しかったのかもしれない。今のところその秘訣は分からないけど、いつまでもその仲間とまじわりながら触発を受け続けたい。

追記:われながら難しいテーマでした。おそなつな記事でスミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »